ホテルクラウンヒルズ武生

(旧 武生パレスホテル)

トップ > 周辺情報

周辺情報のご案内

四季を味わうことができ、古くから巧みなる技として人から人へ受け継がれている伝統工芸品も数多く存在する福井県。 越前市は国の伝統的工芸品に指定される「越前和紙」「越前打刃物」「越前箪笥」など多くの伝統を受け継いでいます。人の手でまちの魅力を創り、伝えつづけている越前市の魅力を心ゆくまでお楽しみください。

  • 周辺観光情報
  • 伝統工芸・体験情報

紫式部公園

紫式部公園

平安時代に「源氏物語」の作者として知られる紫式部が、生涯にただ一度だけ都を離れ、1年あまりをこの地で暮らしました。園内には金色の紫式部像があり、公園施設内には紫式部に関連する資料も展示されています。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約9分

銀山温泉

たけふ菊人形(越前市中央公園)

武生といえば秋に行われる恒例行事の「菊人形」。会場には大菊、小菊、懸崖など10,000鉢の菊花が咲き誇ります。時代絵巻を繰り広げる菊人形館ではつややかな菊人形が見事です。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約5分

劔神社

劔神社

劔(つるぎ)神社は、1800年の歴史を有し、毎年多くの初詣客でにぎわう神社としても知られています。戦国武将織田信長の祖先は、当社の神官で、出身地の地名を取って「織田氏」を名乗ったとされます。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約25分

タケフナイフビレッジ

タケフナイフビレッジ

若手打刃物職人の研究グループの共同工場。円筒形のユニークな建物の中に入ると、刃渡り1.8mの菜切包丁が目に飛び込んできます。工房では、伝統の鍛造技術をじっくりと見学できます。研ぎ方教室やペーパーナイフ、包丁などの製作教室も開催しています。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約13分

越前和紙の里

越前和紙の里

越前市は、高級手すき和紙の産地として日本一のシェアを誇ります。特に、越前和紙の里として知られる不老(おいず)、大滝、岩本、新在家(しんざいけ)、定友の五つの集落は、総称して五箇(ごか)地区と呼ばれ、和紙業者が軒を並べています。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約16分

越前和紙の里 パピルス館

越前和紙の里 パピルス館

日本一の手すき和紙産地「越前和紙の里」を見学し、体験しよう。1500年の歴史のある紙すきの資料を一堂に展示した資料館「紙の文化博物館」で学び、伝統工芸士のワザを見ることのできる「卯立の工芸館」を見学し、「パピルス館」で世界に1枚しかない、あなただけの色紙づくりを体験してみませんか。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約16分

タケフナイフビレッジ

タケフナイフビレッジ

タケフナイフビレッジは、若手打刃物職人の研究グループの共同工場。越前打刃物の職人技を見学でき、体験棟「チャレンジ横丁」では、ペーパーナイフから包丁、本格的なナイフまで職人の指導のもとに作る事が出来ます。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約13分

越前そばの里

越前そばの里

越前そば発祥の地で「そば打ち体験」にチャレンジ!!モニターを使った丁寧な指導で初めての方でも安心です。お子様もOK、家族で楽しめます。武生でそばといえば、おろしそば。大根おろしを入れたつゆでさっぱりと食べる食べ方は日本でもこの地方だけだとか。打ちたてをすぐに食べられるのも魅力です。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約10分

福井県陶芸館 陶芸教室

福井県陶芸館 陶芸教室

越前焼は日本六代古窯の一つに数えられ、その歴史は古く、今から約八百年前平安末期から焼かれ現在二百基以上の古窯が発見されています。越前陶芸村には、平安末期より焼き継がれてきた歴史ある越前焼の体験ができる施設があります。

  • 当ホテルよりお車で
  • 約25分

詳しくはこちら。

詳しくはこちら。

ページの先頭へ